【何から見始める?】幼児向けYoutubeお勧め動画★おうち英語

Youtube動画
スポンサーリンク
くろみゃー
くろみゃー

こんにちは、くろみゃーです。今日は、おうち英語初心者向けのYoutubeのお勧め動画を紹介します。

Youtubeには幼児向け英語コンテンツが豊富にあります。そしてYoutubeは無料なので、どれだけ観ても金銭的ダメージが無くて嬉しい。我が家のおうち英語はYoutube無くして成立しません。ステップ2『毎日英語を見聞きする環境作り』にYoutubeは大きく役に立ちます

たくさんお勧めはあるけれど、たくさん紹介してもどれから観れば良いかわからなくなると思うので、この記事では、英語動画を初めて観るお子さんにお勧めする動画を選抜して紹介します。



Blippi

くろみゃー
くろみゃー

まずはこれ!年齢が違うと見たい動画も違ってくるから毎度チャンネル争いになります。

Blippiだけは我が家の6歳・3歳・1歳児みんなが好んで観てくれる動画です。

Blippiは2014年にアメリカで誕生しました。とっても楽しく知識や知恵を学べる教育コンテンツなので、私としてはアニメよりも子どもに見せたい動画です。公式サイトによると2~7歳の子ども対象のようですが、1歳児にも超おすすめします。1歳児は2Dアニメーションより「いないいないばあっ!」や「おかあさんといっしょ」のような実体のある人間が出ている動画の方を好む傾向があるようです。

くろみゃー
くろみゃー

次男は上の子たちの影響で、0歳の頃から英語動画を観れる環境にはいましたが、初めて興味を持った動画がBlippiでした。(当時1歳半)

おすすめポイント
  • 暴力的表現や変な刺激皆無の、王道的教育コンテンツ
  • 色、数、乗り物、動物などの基本的な単語を学習できる
  • 収穫作業、工場見学、車の解体、博物館や科学館など普段の生活では経験できないようなことを、Blippiを通して疑似体験できる
  • Blippiの話し方が子どもに語りかけるようにゆっくりと分かりやすい言葉で話してくれるので聞き取りやすい

公式サイトもあります。【公式サイト→https://blippi.com/

Blippiはメインチャンネルとサブチャンネルの2つあります。どちらも同じような趣旨の動画です。

電車好きな次男イチオシのBlippi動画のリンクを貼りました。参考までに。

Cocomelon

くろみゃー
くろみゃー

我が家ではよくBGM代わりにCocomelonをかけ流しています。

1歳だった長女が初めて興味を持った動画がCocomelonでした。4歳になった今も大好きです。

次男も、数あるマザーグース動画の中では、特にCocomelonに興味を持って観てくれます。

チャンネル登録者数脅威の1億人。最高視聴回数(この投稿時点で)33億回。アメリカで大ヒットしている童謡(マザーグース)コンテンツです。

子供もママも、英語の語彙を増やすためには、お歌から入っていくのが一番とっつきやすいです。このCocomelonには歌詞テロップがあるので、例え聞き漏らしても目で確認することができます。

幼児向けで良いコンテンツではあるものの、5、6歳の子どもには若干物足りなく感じるかもしれません。

おすすめポイント
  • テンポの良いお歌を通して英語に触れることができる
  • 日常使えるフレーズをテーマにした歌もあるから日常に取り入れやすい
  • 同じ年代の子どもが主役なので、親近感が湧きやすい
  • ストーリー仕立てになっていて、観ていてより楽しい
  • Cocomelon3D(立体)アニメーションなので、子どもが(2Dよりは)興味を持って観てくれる

『Wheels on the Bus』は有名な歌です。我が家では、赤ちゃんの泣き真似をしてみたりワイパーの動きを真似してみたりして子どもと一緒に遊んでいます。

 



Cbeebies

Cbeebiesはイギリスの国営放送局BBC(日本でいうNHK)の6歳までの子ども向けチャンネルです。Eテレみたいなものです。その番組の一部をYoutubeで視聴することができます。

Cbeebiesは実際にイギリスの同じ年代の子どもが観ている番組なので、安心して子供に見せられる動画ばかりです。

Cbeebiesは0歳~6歳までと幅広い年齢を対象とした動画を配信しているから、Youtubeチャンネル内に各年齢層向け動画が混在していて、初めて観るにはどれから観れば良いか分からないチャンネルです。一方で、幅広い動画があるからこそ、子どもが何に興味を持ってくれるかを試せるチャンネルとも言えます。

日本には戦隊モノやプリキュアなど刺激的なコンテンツがありますが、それらに比べてこのCbeebiesは平和すぎる内容なので、日本のコンテンツに慣れた子どもには物足りなく感じると思います。

おすすめポイント
  • 実体のある人間が歌ったり絵本を読んでくれたりする動画は、1,2歳の子どもが興味を持って観てくれる
  • どれも素晴らしい教育コンテンツ
  • 幅広いジャンルの動画があるから子どもの興味を特定できるかも
  • Cbeebiesの中でも人気動画はそれ単独でYoutubeにチャンネルがあるので、お気に入りチャンネルを見つけるきっかけにできる

公式サイト(https://www.bbc.co.uk/tv/cbeebies)では実際に放映している番組一覧を見ることができます。イギリスの子ども達が実際に今どんなコンテンツを観ているのかを知ることができます。

残念ながら(少なくともこの執筆段階では)日本でCbeebies iPlayerを合法的に視聴する方法はありません。

Ryan’s World

Ryan’s Worldはアメリカ在住のRyanくんによる、おもちゃのレビュー動画です。

一番人気の動画の視聴回数はなんと20億回!2015年に3歳でYoutubeデビューし、9歳となった2020年、Ryanくんの動画は世界中で430億回以上も再生されています。

おもちゃのレビューかあ…(子供に見せたくないなぁ)

くろみゃー
くろみゃー

私も最初はそう思っていましたが、Ryanくんはおもちゃのレビューだけじゃないんです。世界中で視聴されている理由がちゃんとあります。

おすすめポイント
  • Ryanくんが幼い頃はおもちゃのレビュー中心の動画が多いけれど、最近のは子どもの教育を意識した動画ばかり
  • おうちで出来るScience(実験)や工作動画は、ちょっと頑張れば真似できるレベルで、実際にやってみると楽しい
  • なんとRyanくんのアニメもあって「歯磨き」「警察」「恐竜」など教育的内容を楽しく学べる
  • 同じ年代の子が出演している動画は、子どもが興味を持ちやすい
  • リアルなネイティブの子どもの英語を直接聞くことができる

おもちゃレビュー動画もScienceの実験動画も、5,6歳の(特に男の)子に興味を持ってもらえそうですね。

アニメも面白くて3,4歳の子でも十分楽しめる内容です。参考までに、Ryanくんの「歯磨きしようね!」アニメを貼っておきます。



Paw Patrol

Paw Patrolはカナダ発のアニメですがなんと160か国以上で放映されている、世界中のキッズに大人気のアニメです。日本語アニメとしてもあるので知っている人も多いと思います。

人間の少年・ケントと6匹の可愛い警察犬による活躍が描かれているヒーローアニメ。ちょっとかっこいいパワーアップシーンもあるし、ヒロイン犬もいます。

今まで紹介した中では一番刺激的なチャンネルです。

気を付けるポイント

最初からアニメを子どもに見せてしまうと他の動画をつまらなく感じてしまうようになるかもしれないので注意してください

できればアニメは最終兵器にしたいところですが、すでに日本の刺激的なコンテンツを楽しんでいる子どもに英語を親しんでもらうためには、同じように刺激的なアニメで引き込むのが効果的かなと思います。

おすすめポイント
  • 英語が全く理解できなくても視覚的に楽しめる要素がたくさんある
  • いろんな幼児向け英語コンテンツに興味を持ってくれない5,6歳の子どもに特におすすめ

くろみゃー
くろみゃー

お勧めはライブです。

  • 広告が出ないから流しっぱなしにできる
  • 一定時間毎に同じ内容を勝手に繰り返してくれるから英語耳を鍛えるための反復練習になる

こんなメリットがあります。

まとめ

幼児英語教育をしている人たちにとってはどれも有名な動画ばかりだったのではないでしょうか。

有名なのは良いコンテンツだから。敢えてそこを外す理由もないと思って、私が素直に良いと思えるものを紹介しました。

どのチャンネルも、視聴回数と登録者数がすごい数で、それだけ世界中の子ども達に愛されているチャンネルだと言えます。

最後に、私が子どもに動画を見せるときに意識していることをお話しします。

私が動画選択時に気にしていること
  1. 最初は子どもの興味がどこに向くのか分からないため、子どもが遊んでいる時や家事の合間に、親が子どもに見せたいと思う動画からいろいろかけ流していました。子どもが観てくれなくても気にしません。
  2. 子どもが特定の動画に興味を持ったら、なるべく同じ動画を反復して見せるように促しています。
  3. 今は子どもにもしっかり意見があるので、見たい動画を好きに見れる時間を作りながら、私が見せたい動画も織り交ぜています。

くろみゃー
くろみゃー

今回、私のお勧め動画を紹介しましたが、子どもによって興味の方向は違うため「うちにはどれも合わないな」と思った人もいるでしょう。

▼さらにYoutubeの幼児向けチャンネルをまとめています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました