【良いスーパーの見つけ方inヨーロッパ】検索の仕方から入店後の留意点まで詳しく解説!

お役立ち情報
スポンサーリンク

ヨーロッパで生活をするうえで生活に欠かせないスーパー、その見つけ方をご紹介します。これからヨーロッパで新生活が始まる人だけでなく、旅行先でも活用できる方法も伝授します。

くろみゃー
くろみゃー

聞いてみれば「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、日本に住んでいたら分からない、意外と見落とされる内容です

その前に、ヨーロッパにあるスーパーの種類を把握することで、より自分の目的に見合ったスーパーを検索しやすなります。こちらの記事でスーパーの種類を紹介しているので参考にしてください。

スーパーマーケットお勧めの検索方法は?

くろみゃー
くろみゃー

やっぱり現地に住んでいる(日本)人に聞くのが一番!!

現地の人はすごい量の情報を持っているので、もし現地の人と繋がりがあるのであれば、臆せず聞くのが一番!!

ただ、漠然と質問攻めにしてしまうと先方に申し訳なくなると思うので、どんなことを聞いたら良いかまとめました。

質問内容のポイント
  • 肉、魚、野菜それぞれの鮮度の良いお店はどこ?
  • (鮮度関係なく)安いお店はどこ?
  • 日用品をどこで買ってる?それは何重視?(安さ?価格?質?距離?)
  • 日本食材をどこで調達してる?(日本から?アジアンスーパー?日本食スーパー?ネット?)

ヨーロッパのスーパーは日本のそれに比べてかなり尖った特徴を持っていることが多いです。

  • 値段はさておき鮮度だけは良いスーパー
  • 鮮度はさておき値段だけは安いスーパー
  • 鮮度も値段も高いスーパー
  • 品数が豊富なスーパー
  • 珍しい品物を取り扱うスーパー

そして、和食が食べたい日本人にとって、ヨーロッパでのお買い物はスーパー1店舗のみで完結することはまずありえません。

  • 日用品や加工食品は鮮度関係ないので、安いスーパーに行きたい
  • 肉魚は、値段が高くても臭くない、新鮮なものが食べたい
  • 和食の材料も調達したい

人に寄って妥協点は違うけれど、スーパーの情報を人に尋ねるうえで「どのスーパーがお勧め?」というざっくりとした聞き方は返答に困るのでお勧めしません。ちなみに私は、

くろみゃー
くろみゃー

ルクセンブルク…スタメン5つ、サブ3つ

ジュネーヴ…スタメン4つ、サブ3つ

それ以外にもBIOショップやマルシェなど、日々お店を使い分けています。

ネットよりも実際に生活している人からの情報は、一早く生活を立ち上げられる近道です。そして、さらに自分の足で見て回ることでも、たくさんの発見がありますよ。

現地の(日本)人に聞けない人は自力でスーパーを探さねばなりません。そんな人向けに、スーパーの探し方を1つ紹介します。

ズバリ、Google Mapです。(←当たり前ー!!)

Google Maps の正しい使い方

スーパー所在地を調べる手段として、Google Maps使いますよね。

「そんなん当たり前やん!」って突っ込みたくなりますが、ちょっと待ってください。

Google Mapsって、調べ方1つで結果が違って出てくるんです。

くろみゃー
くろみゃー

現地の言語で検索すると正確な情報を検索することができます

試しに、同じエリア(例:リヨン)で言語別の検索結果を比較してみましょう。

「supermarché」フランス語で検索した結果
くろみゃー
くろみゃー

Auchan,Carrefour,Monoprix,Casinoといったフランス系スーパーが広範囲でしっかり表示されています。これらのスーパーはどれも「間違いなし」のスーパーです。

「スーパーマーケット」日本語で検索した結果
くろみゃー
くろみゃー

フランスの主だったスーパーが消えて、都市部の食材店や小規模なお店が検索に引っ掛かりました。

「Supermarket」英語で検索した結果
くろみゃー
くろみゃー

英語の検索結果も、日本語と大差ない感じですね

必ずしも、現地の言語で検索しなければ正しい情報がヒットしないとは言わないけれど、検索に時間をかけられる場合は現地の言語を使ったほうが、いい結果が得られます。

くろみゃー
くろみゃー

外出先でとっさに駐車場探す、みたいなときは英語で検索しています。経験的に、日本語で検索するよりは英語で検索したほうがまだ精度マシな結果が得られています

 



買い物で気を付けたいことは!?

  1. 賞味期限の表示が日本と違う
    • 《日本》21.08.15 ⇔ 《EU》15.08.21 日付が先頭!!
    • 何を買うにしてもまずは日付のチェックを習慣づけよう
  2. 卵を購入する前に、箱を開けて卵が割れていないかチェック
    • 割れていなくても羽根や汚れがついていることがよくある
  3. 肉や魚を買う前に、よく観察しよう。賞味期限はあてにならない
    • 日本に比べて賞味期限が長めに設定されている
    • パックを購入したなら、家で開封したときに臭いを嗅いでチェック
    • 鮮度悪いものだと異臭がする
  4. 野菜や果物も、傷んでいないか、よく観察してから買おう
    • 日本では当たり前の先入れ先出しをしていない
    • 奥にあるものが新しいものとは限らない
  5. どれもこれもが簡易包装過ぎる。特に粉ものの取り扱いに注意
    • 塩、砂糖、小麦粉の袋が破れて中身が散乱している光景をよく目にする
    • 意識的に丁寧に取り扱わない時、自分が破ってしまう時もある
くろみゃー
くろみゃー

いろんなスーパーを見て回るうちに、それぞれの特徴(取り扱っている商品、何が新鮮かそうでないか、品物の豊富さなど)が自ずとわかってくると思います

番外編~保冷バッグを活用しよう~

家から近いスーパーなら必要ないかもしれませんが、良いスーパーが近場にあるとは限りません。我が家は片道最大1時間かかるスーパーも利用しています。

鮮度を保つためにも、特に夏場は保冷バッグと保冷剤の活用をお勧めします。

くろみゃー
くろみゃー

こっちで保冷バッグを購入しようとしたらお値段高くてびっくりしました!!保冷剤は100均に売っているし、できれば保冷バッグと共に日本で調達すると節約になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました