リーディング初心者(多読)にお勧めの英語絵本紹介

おうち英語
スポンサーリンク

ずっとお子さんに英語の絵本を読み聞かせしたり、英語動画を観せたり、地道にコツコツおうち英語に取り組んでこられた方が次に考えることは、

子どもに自力で絵本を読めるようになってほしい…

ではないでしょうか。

『見て聞いている』だけの英語は、それを辞めてしまうとすぐに忘れてしまいます。忘れない英語にするには、『読む』力を養うことが必要不可欠です。

お子さんが幼い頃から読み聞かせをする習慣があれば、自然と英語絵本が読めるようになっていくのかもしれませんが、残念ながら我が家では、読み聞かせの習慣を作ってきませんでした。

今日は、読み聞かせ習慣のあるご家庭はもちろん、今まで読み聞かせの習慣が無かったご家庭でも使える、リーディング初心者向けのカンタン多読絵本を紹介します。

  • 絵本や動画で十分に英語をインプットを継続してきたなら
  • 少しずつアウトプットを出来るようになってきたなら

そんな方にお勧めする絵本を、ぜひご覧ください!

くろみゃー
くろみゃー

今まで読み聞かせの習慣がなかったご家庭は、これを機にお子さんと一緒に絵本を読むことを始めてみませんか?

アニメ『Paw Patrol』好きはコレ!

『Paw Partol』は世界中で大ヒットの人気アニメ。もちろん我が家のキッズも大好き!

こちらは、長女が実際に使っているリーディング本です。全12冊。ステップ1~12まで、着目するPhonicsやSight Wordsが少しずつ変化しながらレベルアップしていきます。

くろみゃー
くろみゃー

12冊で2500円弱と、一般的な絵本に比べてとてもコスパが良いですよ!

アニメ『機関車トーマス』好きにはコレ!

『トーマス』のリーディング本はこちら!『Paw Partol』同様、12冊の小冊子が入っていて、PhonicsやSight Wordsをステップを踏んで習得することができます。

アニメ『PJ Masks』好きにはコレ!

『Paw Patrol』同様、世界中で大人気のアニメ『PJ Masks』のリーディング本です。ただそれぞれ、1冊で1500円を超えるので、コスパはあまり良くないです。

くろみゃー
くろみゃー

アニメの1シーンが絵本内で描かれているので、『PJ Masks』好きな子であれば、絵本を読むきっかけにするのにうってつけではあります。

コスパ重視ならコレ!

25冊の絵本と、1冊のワークブックが入って2500円前後!お買い得すぎる!!

子どもが最初にぶべき頻出Sight Wordsを50単語習得できます。1冊は8ページ前後と少ないですが、『読む』ことが初めてのお子さんにはちょうど良い分量です。

どういうステップでリーディングを進めていけば良いか分からない…

こんな方は、まずこちらのセットから始めてください。Sight Wordsは、英語を読むのに避けては通れない…最初に通らなければいけない単語たちです。

▼”Sight Words”と並んで耳にする”Tricky Words”。両者の違いの解説や覚え方提案

Sight Wordsのカードを作って、子どもに丸暗記させればいいじゃん!

くろみゃー
くろみゃー

そうできれば嬉しい限りではありますが…

Sight Wordsだけを単に丸暗記しても、お子さんにとってそれらは意味のない文字で、記憶にとどまりにくいです。いざ、絵本を読んでいる時にSight Wordsに遭遇しても、読めないことが多いです。

ご自身が購入したリーディング本で使っているSight Wordsを調べて抜き出してカード化して暗記させて…出来なくはありませんが、Sight Wordsに漏れがあったり、手間はかかります。

このSight Words専用リーディング本を活用すれば、親の手間を少なく、実践的に活用・習得しやすくなります

▼音声CD付きもありますが、値段が高くなります。

くろみゃー
くろみゃー

難しい単語は1つも出てこないので、私はコスパの良いCD無しをお勧めします。

もし万が一、大人でも分からない単語に出くわしたら、Google翻訳さんに助けてもらいましょう!笑

『読む』力を順にレベルアップしていきたいなら、このシリーズがお勧め!

Sight Wordsを読めるようになっても、英語を自分で読めるようにはなるには、まだまだ先は遠いです。

パパ
パパ

何を読んでいけばいいのかな?

どのお母さんもきっと迷うはず。そんな時、お子さんの『読む』レベルに合わせてステップアップしていける本があれば便利だと思いませんか?

このFirst Little Readersシリーズは、リーディング入門者向けのLevel Aから、読む力が付いてきたお子さん向けのLevel Hまで、レベル別に読んでいくことができます。

このシリーズ、全部で5セット(Level A, B, C, D&F, G&H)あります。冊数は132冊にもなります。しかし、各セット2500円前後と内容量の割に安くて、全シリーズ揃えても12500円程度に抑えられます。

くろみゃー
くろみゃー

全セット購入しても1冊あたり100円未満!英語の本なのに安すぎる!

多読にはもってこいのセットです。

多読本で有名な『Oxford Reading Tree』

多読本について調べていると必ずと言っていいほど目にする『Oxford Reading Tree』

”Oxford Reading Tree(ORT)”って何?

イギリスの約80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書。

かわいいキャラクター達が登場するユーモアあふれる「オチ」がある短いお話が200話以上あり、すべてネイティブの子供たちが使う自然な英語でつづられています。

10段階にレベル分けされ、頻繁に使う表現が繰り返し登場するため、英語学習用としても最適。

オックスフォード・リーディング・ツリー | Oxford University Press (oupjapan.co.jp)

我が家の子ども達が通っていたインターナショナルスクールでも、ORTは採用されていました。

ORTはとても有名な多読のシリーズ本ですが、First Little Readersシリーズに比べると、かなり割高になります。一方で、ORT全レベル制覇できれば、かなりの『読む力』が身に付くことは間違いないです。

▼ORTをお得に始めたい方向けパック。ステージ1~4がCD付きで入ったセット。合計30冊入り。金額の参考までにどうぞ。

▼下記のリンク先で、ORTのレベルチャートを確認できます。(ORT公式サイトに飛びます)

オックスフォード・リーディング・ツリー | Oxford University Press (oupjapan.co.jp)

▼ORTの内容はこんな感じ(一例)

くろみゃー
くろみゃー

長男だけ、インターナショナルスクール在籍中にORTを使っていました。

とても良いものだとは思いますが、全シリーズ揃えだすとかなり高額になるため、我が家では購入予定はありません。

ORTを使わなくても、読む力を鍛えることができると思っています。

▼ORTを使わずに、おうち英語で英語の出来るお子さんに育て上げたタエさんの体験談を読むことができます。

▼無料で読めるOxford Reading Treeを紹介しています。我が家で大変重宝しています。

▼Oxford Reading TreeのYoutube動画を紹介しています。ORTに取り組む前準備として見るのも良し、多読をより楽しむツールにするのも良しです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました