英語絵本を読みたがらない子に興味を持たせる効果的な方法とは?

おうち英語
スポンサーリンク

こんにちは、くろみゃーです。

くろみゃー
くろみゃー

田舎住みの3児ママです。低コストでできるおうち英語に取り組んでいます。

おうち英語をしていると、悩みって尽きないですよね。今回は英語絵本に関する悩みをご紹介します。こんな悩みを抱いているご家庭はきっと我が家だけじゃないはず。

とあるママ
とあるママ

せっかく英語絵本を買ったのに子どもが興味を持ってくれない…

英語絵本を読もうとすると子どもが嫌がる…

「絵本の読み聞かせが良い!」ってことは知っているけど、肝心の子どもが興味を持ってくれないと意味がない。読んであげるよ~と言っても拒否られる。なんで興味を持ってくれないのー!!(←叫びたい)

今日は我が家で実際にあった失敗談や体験談を交え、英語絵本に関して私が意識していることをお話しします!

英語絵本イヤイヤにさせない効果的な方法

これは私が一番大きく意識していることです。本記事の大骨と言っても過言ではありません。

”絵本”で完結させず、他コンテンツと連動させる

くろみゃー
くろみゃー

子どもに英語絵本に興味を持たせるコツ…いろいろありますが、私はこれが一番だと思っています。

だって英語はチンプンカンプン

日本に住んでいて英語を日常的に使う機会のない子どもにとって、英語絵本だけを急にママが読み聞かせしたって内容理解は難しいと思います。

くろみゃー
くろみゃー

私だって初見で英語絵本を朗読しても、内容を完全に理解できません

  • 急に出てくる登場人物やセリフに興味が惹かれない
  • セリフを全て理解できないから世界観やストーリーが見えてこない
  • そもそもママのカタコト英語が聞き取りにくい

それならすんなり頭に入ってくる日本語で、ママも上手に読んでくれる絵本のほうが、誰だって面白く感じますよね。

であれば、英語絵本を読む前にその世界に興味を持たせることから始めてみてはどうでしょう?

くろみゃー
くろみゃー

私が実際に取り組んでいて効果あったな~と感じているポイントを具体的にご紹介します♪

絵本を読む前に、関連するYoutube動画をかけ流す

日本でも書店でよく見かける有名な絵本「はらぺこあおむし」の原作「The Very Hungry Caterpillar」で具体例をご紹介します。

この絵本は、厚紙で出来ていてサイズもコンパクト!乳児が雑に扱っても壊れにくく、持ちやすいから読んであげやすい絵本なんです!・・・が、肝心の子ども達は興味ナシ!(涙)

そこでYoutube動画をしばらくかけ流すことにしました。

車内の移動中や遊び時間にこのアニメーションを他の動画の合間に挟んでかけ流ししていると

長女
長女

この絵本持ってるー!

と気づいて、強制しなくても自然と絵本に興味を持つようになりました。

Youtube動画を探す時は、極力楽しそうなものを探す

普通に絵本を朗読するだけの動画はたくさんありますが、それだとつまらないです。せっかくなら、ただ読むだけでなく子どもが興味を持てるような工夫のある動画だと嬉しいですよね!

▼Youtubeの読み聞かせ動画が面白い!おうちにあると嬉しいお勧め英語絵本を紹介しています

かけ流しに期待しない

今までと言っていることが矛盾していそうな内容ですが、決してそうではありません。かけ流した動画や絵本に必ず子どもが興味を持つとは限りません。親が期待しすぎると子どもに「圧」として感じ取られてしまっていい循環にならないかもしれません。

くろみゃー
くろみゃー

これは私の失敗談です

しばらくかけ流しても子どもが興味を持たなかったら「趣味が合わないんだな」「今は時期じゃないんだな」と気持ちを切り替えて、違う動画や絵本に変えたり時期を変えたりしてみてくださいね!

観ること聞くことを強制しない

前の内容と同じような内容ですが…かけ流しに興味を持たないならこんなの無意味だ!なんて思わないでくださいね。英語の「音」はちゃんと子どもの耳に届いています。子どもがかけ流し動画に興味を持たなくったって、十分子どもの耳は日々鍛えられています

くろみゃー
くろみゃー

子どもに何かを期待しても自分が辛くなるだけだって気づきました。強制すればするほど、子どもは英語が嫌になっていきます。

かけ流しは【ママの趣味】程度の気持ちで取り組むのがお勧めです。そのうち「あ、ちゃんと音を聞いていたんだな」という瞬間に必ず出会えますから!

子どもが大好きなYoutube動画に関連する絵本を揃える

さて、先ほどは絵本⇒動画という流れでしたが、すでにお気に入りの英語動画があれば、その絵本を揃えるのもいいアイデアです!

くろみゃー
くろみゃー

例えば我が家では、Peppa PigやPaw Patrolのアニメがまさにこれです!

すでにYoutubeでよく見知っている世界観だから、絵本も抵抗なく読み始めることができますよ。お勧めの絵本は下の記事でアツ~く語っているので、ご興味あればぜひご覧ください!

工作・創作活動を取り入れる

忙しいとなかなかここまで取り組むのがなかなか難しいのですが…興味を持って欲しい「テーマ」や「ジャンル」に関連した工作・創作活動をすると、とっても良い刺激になるんです!

またまた我が家の例を出します。

我が家の子ども達は、毎年クリスマスシーズンになるとジンジャーブレッドマンの動画と絵本を好んで見ています。

▼クリスマスシーズンにお勧めの活動!マンネリしがちなおうち英語に刺激を♡

※執筆中

そう仕向けるきっかけになるのが、ジンジャーブレッドマン作りです。

  • ジンジャーブレッドマンの形のパンやクッキーを作ったり
  • 工作でジンジャーブレッドマン・おばあさん・牛・キツネなど登場人物の人形を作ってミニ劇したり

私がそこまで英語達者じゃないこともあって、活動は日本語でやっています。でもジンジャーブレッドマンに関連する「何か」をママと一緒に取り組むことで、より興味を持って絵本を読んだり動画を楽しんでくれるようになりました。

くろみゃー
くろみゃー

ジンジャーブレッドマンの場合は、さらにお決まりのフレーズ「Run, run, as fast as you can…」があるので、作ったパンや人形を使って英語で遊ぶこともできるんです♪

このように、活動中は日本語だけど読んで欲しい絵本に関連する活動をすることで、英語の絵本に親しむきっかけになったりします。

先に日本語で情報をあげる

最初から訳の分からないものには興味を持てません。だから、最初に日本語で知ってもらえば良いんです!

例えば我が家では、童話でこの作戦を使っています。

「オオカミと七匹の子ヤギ」「ジャックと豆の木」「おおきなかぶ」など、日本でも書籍化されているたくさんの童話がありますよね。

くろみゃー
くろみゃー

有名な童話はたいてい図書館に置いてあります。わざわざ購入する必要はないですよ。

絵本が揃えられなくても、Youtubeで日本語童話を探すとたくさん出てきます。

Youtubeでかけ流し

次ステップは、やっぱりYoutubeで童話(英語)のかけ流しです。私の場合、ピンポイントで子ども達が知っている童話だけを選択してかけ流すのが面倒なので、いろいろ童話が混ざった動画をチョイスしています。

▼こんな感じの動画です

かけ流すタイミングは、ご飯タイム(音だけ)や車での移動中(音だけもしくは動画視聴)に。なんとなく知っているストーリーがあると興味を持ってくれます

くろみゃー
くろみゃー

いきなり英語動画はハードルが高いなあと感じたら、日本語の童話動画を1,2度程度見せるのもアリです。ですが、あまり日本語動画を見せすぎると「日本語動画が良い!」となってしまうため、十分気をつけてくださいね。

英語絵本を読む

何度も何度も動画を観て聴いて、ストーリーや世界観を理解したところで、やっと英語絵本が登場です。すでに知っている内容なので、例え子どもが英語を全て理解できなくても、頭の中でストーリーのポイントをしっかり押さえて読み進めることができるんです。

くろみゃー
くろみゃー

どの方法が子どもにハマるかは試してみないと分かりません。

今回ご紹介している方法の中にきっとハマる方法が見つかるので、アレコレ試してみてくださいね!

我が家の失敗談

さて、英語絵本についてちょこちょこ私の失敗談を交えてお話ししてきましたが、実はまだまだあります(笑)ここからは、失敗談がメインです。

くろみゃー
くろみゃー

これを読んで私と同じような失敗をする人が一人でも減ってくれたら嬉しいです。

家の絵本そっちのけで図書館の絵本を中心に読み聞かせ

家にある英語絵本に私が飽きてきて。

まだ英語を一人で読めない話せない長女に図書館の英語絵本をたくさん読み聞かせようとしました。しかもYoutube等の事前知識無しで。(あまり有名でない絵本ばかりで良いYoutube動画を見つけられなかったし、私のモチベーション的に手を抜いてしまった。)

結果は…言うまでも無くほぼ興味を持ってくれませんでした。ちょうど英語イヤイヤ期と被っていたおかげか、それはもう全身で拒否!笑

初心に返って、家にある何度読んだか分からない・長女が気に入っている絵本を中心に読むと、ちゃんと耳を傾けてくれるようになりました。変に冒険心は出すものじゃないですね。(反省…)

本代をケチって図書館の絵本に頼りまくる

先ほどの内容と若干被りますが、絵本代をケチって図書館にある英語絵本で済ませようとした結果、散々たる結果になってしまいました。図書館の絵本は種類も少ないし、子どもの興味ドンピシャな絵本ばかりというわけではありません。

図書館の絵本をスパイスとして活用しながらも、やはり子どもが興味を持てる絵本を選別して購入するのが一番良いなと思いました。

英語の絵本しか読まない

毎日忙しい中、読み聞かせに充てられる時間はそう多くはありません。支度が遅くなった日は1冊だけ読んで寝たり。そんな中で日本語の絵本を読む時間がもったいない!なんて思ってた時期がありました。

だから子どもに絵本を選ばせる時に「英語の絵本から選んでね~」と指定していました。子ども達から文句が飛んでくるのは簡単に想像できますよね(笑)私がこんなことをしていては、子どもは英語絵本を好きになんてなれません。

いまでは、

  • 時間が無い日は日英関係なく子どもが読みたい絵本だけ読む
  • 時間がある日に「今〇〇ちゃんの好きな絵本読んだから、次はママが読みたい(英語)絵本読むね!」

こんなふうにしています。

くろみゃー
くろみゃー

もちろん子ども達から「英語絵本を読んで!」と言われる時もあります。そしたらラッキー☆

「毎日必ず英語絵本読まなきゃ!」とは思わずに、親子で”絵本”そのものを楽しむ時間を作ることを心掛けています。

まとめ

以上をまとめるとこんな感じです。

英語絵本イヤイヤさせない効果的な方法
  • 絵本で完結させず、他のコンテンツと連動させる
  • 例1:絵本を読む前に、Youtube動画で絵本の世界観を先に知る
  • 例2:子どもがハマっているYoutube動画に関連する絵本を揃える
  • 例3:絵本に関連した工作、創作活動をやる
  • 例4:先に日本語で絵本の情報をあげる
英語絵本に関する私の失敗
  • かけ流した動画には100%興味を持ってくれるという勘違い
  • 動画に興味を持ってー!という願い(圧)
  • 小技も駆使せず図書館の絵本を中心に読み聞かせ
  • 絵本代をケチって図書館に頼る
  • 英語の絵本しか読まない
くろみゃー
くろみゃー

失敗談書き出してたら恥ずかしくなってきた(笑)

こうして書き出してみると、失敗するのは然るべきって感じですね。でも実際やってるときは自分を振り返る余裕が無くなっちゃうんです…

きっとおうち英語で悩んでいる方は多いはず!

今回は英語絵本に関した失敗談をご紹介しましたが、実際は私まだまだやらかしています。それはまた後日お話しさせて頂きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました