算数を感覚的に身につけられる『Numberblocks(ナンバーブロックス)』の魅力とは!?合わせて使える知育玩具やアプリも紹介

Youtube動画
スポンサーリンク

こんにちは!くろみゃーです。みなさん、『Numberblocks』って知っていますか?

本記事では、おうち英語をしているご家庭に超オススメの『Numberblocks(ナンバーブロックス)』の魅力を語ります。

くろみゃー
くろみゃー

当時3歳の長女は『Numberblocks』を観ているだけで、足し算・引き算を感覚的に身につけてしまいました!

『Numberblocks』は、

  • 算数の導入の第一歩としてとっても有用だし
  • 掛け算割り算の概念も『Numberblocks』を観ているだけで理解できちゃう

数に強い子に育てられる、素晴らしい知育動画です。本記事を読んだ暁には『Numberblocks』を観たくなること間違いなしです!

※アイキャッチ画像の出典:Numberblocks公式サイト

『Numberblocks(ナンバーブロックス)』って?

お勉強感覚0で、楽しく数の概念を自然と身につけられる動画

イギリスの人気教育番組のシリーズです。

動画を見ると分かるように、キャラクターはがっつり数字のブロックです。彼らが離れたりくっついたり、形を変えることで、視覚的に数の概念を身につけることができるんです。

何歳から観れる?視聴に必要な英語レベルは?

数の概念を理解できる3歳以降がお勧め英語初心者でも楽しめます!

もともとこのコンテンツは未就学児向けに制作されているため、英語レベルは子どもでも理解できる簡単な会話がほとんどです。さらに肝心な場面ではよりゆっくり話すので、ポイントを理解しやすいです

ONE plus TWO equals…

THREE!

I’m THREE!

『Numberblocks』では数字こそ違えど同じようなフレーズが繰り返されます。そして視覚的効果により、英語がさっぱり分からなくても理解することができます。それでも、少しは英語を理解できた方がより動画を楽しめるのは間違いないです。

ちなみに我が家では、英語をほとんど理解できない長女が3歳から見始めました。そして半年も視聴しないうちに、足し算と引き算の概念を身につけてしまいました。

くろみゃー
くろみゃー

長男には私が足し算引き算を教えましたが、教える労力が必要でした。動画を観ているだけでその手間が省かれるのは本当に凄いことです!!

追記:

もうすぐ5歳になる長女、すっかり掛け算も理解しています。

長女
長女

ママ、3×2=6だよね!

と急に話しかけられてビックリした…。簡単な掛け算だけど、その概念はしっかり身に付いているなと感じました。

『Numberblocks』で学べること

未就学児向けに作られてはいるものの、その内容は濃いです。

数を数える(“1=one” “10=ten”を覚える)ことから始まり、

  • 足し算
  • 引き算
  • 偶数・奇数
  • 倍数
  • 掛け算
  • 割り算
  • 因数分解
  • 時間
  • 空間・立体

こんなことを学ぶことができます。

くろみゃー
くろみゃー

自分で計算は出来なくとも、基本的な考え方を身につけられます。

ちなみに動画は1~5にレベル分けされています。

レベル1は、5未満の優しい数字が出てきます。レベルが上がるほど難しくなってくので、お子さんに合ったレベルを選択して観ていくのが良いですよ。レベル5では100までの数が主に登場します。

くろみゃー
くろみゃー

1,000,000(One Million)も出てくる動画がありますが、1(One)と比べて圧倒的な数の大きさに子ども達はびっくりしていました。

『Numberblocks』の知育コンテンツが豊富

無料プリント

『Numberblocks』の公式サイトでは、無料プリントのダウンロードが可能です。

ダウンロードはこちら▶Numberblocks | Learning is fun with Learning Blocks | CBeebies shows

公式サイトは、比較的難易度優しめのプリントが多いです。もうちょっといろんなことをしてみたい!と思われた方は、Twinklという無料サイトも覗いてみてくださいね!(Twinklはメールアドレス登録が必要です。)

Twinklはこちら▶Numberblocks Partnerships – – Twinkl ※公式サイトからでもTwinklに飛べます

絵本

動画にドハマりしたお子さんにお勧めなのが、絵本です!

動画は、子どもの理解度無視でストーリーが進むので、分からない部分や細かい部分があやふやなままになりがちです。そんな部分を、絵本を読むことでしっかり理解・強化することができます。

自分の理解度に合わせて読み進められる絵本を使うことで、より一層動画を理解できる相乗効果が得られますよ!

この本はハードカバーで、作りがしっかりしています。ワークがあるので、カラーコピーして使えば兄弟一緒に楽しむことができます。

有料だけに、先ほどご紹介した無料プリントより中身の充実度は格段上です。

知育アプリ(有料版&無料版)

最後に『Numberblocks』の知育アプリを紹介します。

『Numberblocks』には大別して2つ(有料&無料)のアプリがあります。

▼無料版はこちら

Meet the Numberblocks!
Meet the Numberblocks!
開発元:Blue-Zoo
無料
posted withアプリーチ

無料版で出来ることはとってもシンプル。1から20までのNumberblocksが順に並んでいて、彼らをタップすると数をカウントします。

出典:アプリ《Meet the Numberblocks》

▼有料版はこちら(2種類あります)

有料といっても、それぞれワンコインない程度の安さ。そして月額制ではなく買い切りで、広告等の表示は一切ありません。安心してお子さんに遊ばせられる仕様です。

Numberblocks: Hide and Seek
Numberblocks: Hide and Seek
開発元:Blue-Zoo
¥370
posted withアプリーチ

このアプリでは、隠れている数字を探し出していきます。最初は10までの足し算ですが、ゲームを進めていくと徐々に難しくなっていきます。

Numberblocks: Card Fun!
Numberblocks: Card Fun!
開発元:Blue-Zoo
¥370
posted withアプリーチ

こちらのアプリはNumberblocksが描かれたカードを使って絵合わせ、神経衰弱を楽しめます。足し算・引き算が出来ます。

くろみゃー
くろみゃー

私のお勧めは『Numberblocks: Hide and Seek』です!

内容はこっちの方がキャラクターの動きがあって面白いと感じました。口コミでも『Hide and Seek』の方が評判が良かったですよ。

『Numberblocks』と関連させられるお勧め知育玩具

私のイチオシはMath Link Cubesという知育玩具です。自分でキューブをくっつけたり離したりして、実際に”数”を体験することができます。

▼Math Link Cubes の遊び方を紹介しています

さいごに

『Numberblocks』がいかに素晴らしい動画かお判りになったでしょうか?単に動画を観るのではなく、プリントやゲームを合わせて取り組んでいくことで、自分で考える力を養うことができますよ。

『Numberblocks』は英語で知育ができる、まさに一石二鳥の動画ですね!

くろみゃー
くろみゃー

当ブログでは「低コストでできるおうち英語」をモットーに、おうち英語に役立つ様々な無料&便利コンテンツ・我が家の体験談を紹介しています。

おうち英語に取り組むご家庭に役立つコンテンツがありますので、ぜひご覧ください♪

おすすめ記事一覧

▼おうち英語に外せない無料アニメ!「Alphablocks」Numberblocksの姉妹アニメ

▼小学1年生レベルの算数ができるようになったら始めたいALL英語の無料算数RPG

▼英語のアウトプットができる無料ワークシートまとめ

▼楽しく足し算引き算の反復練習ができるアプリ(※日本語アプリ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました