【おうち英語】かけ流しの効果と期待NGなこと・進め方紹介

おうち英語
スポンサーリンク

英語のかけ流しは、英語が苦手な親でも簡単にできるおうち英語の取り組みです。英語かけ流しで培われる能力は「リスニング力」です。

おうち英語をしているご家庭では当たり前になりつつある「かけ流し」ですが、

  • 子どもに英語に対して苦手意識を持ってほしくない
  • 学校の英語の授業で躓かないようにしてあげたい

こんな風にお考えの方は、英語のかけ流しだけでも取り組んでみませんか?かけ流しだけなら、お金をかけずにできますよ!

本記事では、3年以上かけ流しをしてきた我が家の実体験をもとに、その効果と期待できないこと・かけ流しの進め方をお話しします。かけ流しは万能じゃないけど、馬鹿にできない効果があるんです。

すべて読んでいただけたら、きっと今すぐ英語のかけ流しをしたくなるはず…!!

くろみゃー
くろみゃー

田舎住み、3児のワーママです。お金をなるべくかけないおうち教育に取り組んでいます。

かけ流しとは?

一言「かけ流し」と言っても、人によって指すものが違います。

DVDやYoutubeの英語動画をテレビで見せることを「かけ流し」という人もいれば、BGMとして英語音声だけを子どもの耳に届けることを指す人もいます。

混乱を招かないために、本記事では音だけのかけ流しを「かけ流し」と呼ぶことにします。

かけ流しに期待できないこと

かけ流しの効果を強く伝えたいので、まずはかけ流しに期待できないことをお話ししておきます。

私は、数年前まではこう思っていました。

くろみゃー
くろみゃー

かけ流しを続ければ、子どもは英語を話すようになる!

これは大きな勘違いです。現実そう甘くはありません。同じように思っていた方、結構多いのではないでしょうか。

英語を話せるようにはなりません

そう、、、いくらかけ流しをしても英語を話せるようにはならないんです…泣

事実、3年以上も英語を毎日聞いている長女、英語イヤイヤ期も相まってか、つい最近までこれっぽっちもYes/No以外の英語を口にしませんでした。(我が家ではかけ流し以外にもいろいろやってるのに!くそぅ…と思いました。)

英語を話せるようになるには、かけ流し以外の要素が必要なんです。そしてなによりも話す「訓練」が必要なんだと痛感しました。

くろみゃー
くろみゃー

日本語達者な大人でも、テレビでニュースを日常的に見聞きしているからといって、アナウンサーのように流暢に訛りなく話せる…なんてことはないですよね。

知っている言葉でも自分が口に出すには「訓練」が必要だというのは、感覚的にわかると思います。

英語の意味を理解することはできません

音声だけのかけ流しを続けても、その内容を理解することはできません。子どもは流れている英語を単なる「音」として捉えているだけで、そこに実が無いんです。”シチュエーションを全くイメージできない”というと分かりやすいかもしれませんね。だから、英語の意味を理解できないし、語彙も増えません

「Ichi, ichi, ichi, my arm.」

この意味がわかりますか?いくら「音」として聞いていても、それが何なのかはわかりません。

でも動画で、蚊に刺されて赤く腫れている腕を搔きむしりながらこの言葉を言っている子がいたらどうでしょう?

画像:Little Angel

「あ、腕がかゆいんだな。」ってなんとなく思いませんか?かゆい時に「Ichi」っていうんだなと直感的に学びます。

英語の語彙を増やしたいのであれば、かけ流し以外の要素が求められます。一番手っ取り早くて簡単なのは、音声をかけ流しした動画を何度も子どもに見てもらう方法です。

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、視覚からの情報って最強なんです。たくさん英語の「音」を聞いて動画を見ることで、「音」と「モノやシチュエーション」がどんどん合致して、知っている語彙を増やすことができます。(ただ、語彙は増えても見てるだけではやっぱり話せるようにはなりません。)

ここまでご覧になって、

音だけのかけ流しなんてやる意味無いね!他にもいろいろやらないといけないんでしょう!?

と思う方もいらっしゃるでしょうが、それは違います。もちろん、いろいろおうち英語の取り組みをすれば相乗効果でより英語スキルは上がるかもしれませんが、音だけでもかけ流しをやる意味はあります。

かけ流しの効果

英語耳が作られる

これに尽きます。

どーゆうこと?

冒頭にて、英語のかけ流しで培われる能力は「リスニング力」だとお話ししました。

かけ流しを年単位で続けていると、子どもの耳はどんどん英語に慣れていきます。すると、英語を読んだり話したりできないにも関わらず、単語を単語として聞き取れるようになっていくんです。

こんな覚えはありませんか?

中学や高校のとき、英語のリスニング問題を全く聞き取れないと、意味をなさないカタカナが頭の中に流れ出す…ん?モスキュー?レタター?アババンド?…さっぱり分からん!!何言ってるか分からん。英語きらーい。

ちなみにこれ、私の実話です(笑)英語が繋がって聞こえるんですよね。

くろみゃー
くろみゃー

でも英語を聞き続けていると、この訳の分からないカタカナ状態を脱することができます。

大人の私でさえ、3年も聞き続ければ(すべてではないものの)単語を単語として聞き取れるようになるんですから、耳の良い子どもはもっと聞き取れるようになってるはず…って思いませんか?

子どもは、自分がどれだけ聞き取れるようになったかなんていちいち報告してくれません。

どれだけかけ流しを継続しても、目に見える効果が得られにくいんです。だから、かけ流しをしていても「無駄なのかな~」と思い込んでしまいがち

3年以上もかけ流しをしていて、子ども達のかけ流し効果を実感できるようになったのは、つい最近のことです。(英語教室や英語教材を利用すれば、相乗効果で早く効果を実感できるようになるかもしれませんが)

私が最近、効果を実感した時の話を紹介します。

長女と次男の実例

夕食中に、Peppa Pigのアニメを(音声のみ)かけ流しをしていたら、突然長女からこんなことを言われました。

長女
長女

ママ~、Toll Gateってなに?

くろみゃー
くろみゃー

え?

長女
長女

Peppaで今Toll Gateって言ってたから…

この一言にとても驚きました。だって、繰り広げられる会話の中からちゃんと名詞だけを抜き出して質問してきたんですもの。英語を「音」ではなく「単語」として捉えていなければ、こんな質問はできません。

また、長女も次男も、英単語の発音がキレイなんです。日本人が苦手な[l]と[r]の発音もばっちり。

次男
次男

Lion!!

Frog!!

Dinosaur!!

私は一切発音について教えたことはないので、完全にかけ流しのおかげです。先ほどかけ流しをしても英語を話せないと言いましたが、単語だけならキレイな発声ができるようになります

子どもってすごいな~と感心させられます。

かけ流しの目安:2000時間

どれくらいかけ流しをすればいいの?

くろみゃー
くろみゃー

細々と、ずーっと続けます。

「ずーっと」なんて言われても困りますよね。そこで、一つの目安を紹介します。

一般的に、言語習得には約2000時間の音声インプットが必要といわれています。これは、1日約5~6時間英語に触れながら、英語圏に1年間滞在した場合と同じくらいの時間です。

英語環境が日常にない日本でも、1日2時間のかけ流しタイムを作れば、2年9か月で2000時間達成です。うーん…それでもとてつもなく先が長く感じますね。

留意しておいてほしいのが、単なるかけ流しだけで2000時間達成してもペラペラ話せるようにはなりません。それで言語習得できるならみんなやってますって!さらに、2000時間を超えた後でもかけ流しを辞めてしまうと、日常に英語環境がない子どもはすぐに英語を忘れます

”2000時間”という数字は、目指すゴールではなく、これくらいやれば英語を「聞き取れるようになる」という一つの指標にすると良いかなと思います。

英語のかけ流しだけでも取り組むメリット

かけ流しによって英語耳が作られることをお伝えしました。

じゃあ、英語耳が作られると子どもにはどんなメリットがあるでしょう?

  • 英語に苦手意識を持ちにくくなる
  • 学校の英語授業で躓きにくくなる

英語が苦手な大人、結構多いですよね。特に日本人はリスニングが苦手な人が多い傾向にあります。

くろみゃー
くろみゃー

私も英語は嫌いな教科だったけれど、その最たる理由が「何言ってるか分からないから」でした。

学校で勉強すれば、簡単な英語なら読み書きができるようになります。机に向かって単語の暗記や文法を学習すれば、読み書きの成績をあげることができます。でも、リスニングとスピーキングは机に向かっていても成績はなかなか上がらないんですよね。

でも英語耳さえ作っておけば、英語の意味は学習次第で後からでもついてきます。英語への苦手意識が少なくなるはずです。

くろみゃー
くろみゃー

英語耳は親からのプレゼント

かけ流しの進め方

かけ流しに、わざわざ英語教材を購入する必要はありません。Youtubeを活用すれば無料でできます!

やり方は至ってシンプル。

朝起きて、保育園や学校から帰宅後、移動中の車内など、耳が暇そうな時は常にBGM(英語音声)をかけておく

くろみゃー
くろみゃー

子どもが…というよりは、ママが再生ボタンをポチるのをルーティン化することが肝要です。

シンプルなんだけど、継続するのがツライ…

でも、お子さんが英語で苦労しないためにも、かけ流しを始めてみませんか?

かけ流し実践に役立つ記事を紹介します。

▼0から始めるかけ流しはコレ一択です

▼かけ流し初心者~上級者におすすめのYoutubeチャンネルを紹介しています

▼本腰いれてかけ流しをしたい方に役立つ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました