【英語絵本】Elephant&Piggieシリーズが面白い!英語初心者にもリーディング訓練にもお勧め。

おうち英語
スポンサーリンク

今日は、日本でも結構有名なElephant&Piggieシリーズの英語絵本をご紹介します。有名だから紹介するのではなく、やっぱり有名なものって良いものの場合が多いから。外すのはナンセンスかなと思いした。

本記事のポイント

本記事は、おうち英語を始めたけれど、どんな英語絵本を買おうか悩んでいる方に役立つ記事となっています。Elephant&Piggieの絵本について概要も内容も超詳しく語っています。

本記事を全て読んで頂ければ、Elephant&Piggieシリーズがどうしておうち英語初心者やリーディング初心者にお勧めなのかを知ることができますよ!

概要

Elephant&Piggieシリーズは全部で25冊あります。作者はアメリカのMo Willemsさん。

絵本の主な登場人物は次の2人。ゾウのジェラルド(Gerald)と、豚のピギー(Piggie)です。

しっかり者でネガティブ思考のGeraldと、お調子者でポジティブ思考のPiggie。

漫画のような会話形式でストーリーが展開されていて、よく彼らの”友情”がテーマに取り上げられています。(絵本の中身は後でご紹介します。)

私が知ったきっかけとお勧めポイント

私がこの本の存在を知ったのは、当時インターナショナルスクールに通っていた4歳の長男がきっかけでした。

長男
長男

ねえ、ママ!今日先生が面白い絵本を読んでくれたよ!今度借りてくるね!

そんな長男の一声がきっかけで、Elephant&Piggie📚の存在を知りました。この絵本は、

  • インターナショナルスクールの幼児クラスでは超ド定番の、読み聞かせ絵本
  • ネイティブ(アメリカやイギリス)でも、小さな子どもへの読み聞かせ絵本の定番
  • 世界中のキッズに人気の絵本

こんな絵本です。

私が、実際に読んでみて「ああ、これは良いな!」と感じたポイントは、

  • 英語初心者でも親しみやすい、簡単なフレーズが多く使われている
  • 日常生活で応用しやすいフレーズが多い
  • 文字が少ないし字も大きいので、英語を読むのが初心者の大人でもとっつきやすい
  • 文字が少ないので、英語がまだあまり理解できない子どもでもとっつきやすい
  • 登場人物がほぼ2人。そして内容がシンプルなので、小さな子どもでもストーリーを理解しやすい
  • 毎度ストーリーにオチがあって、最後にクスッと笑える
  • なんなら、ストーリーの途中にも笑える要素が詰まっている
くろみゃー
くろみゃー

子ども達3人がいつでも読めるように…と、思い切って全シリーズ購入しました。最初は長男だけが好んで読んでいましたが、今ではみんな大好きな絵本です。

質的にも量的にも(時間がかからず)読み聞かせするのがラクです。時間に追われる日々の合間にささっと読み聞かせできるので、とっても重宝しています。

リーディング(多読)本の導入としても活用できる!

長女が3歳後半の頃に購入し、それから時間があるたび繰り返し絵本を読んでいます。2歳の次男も、興味津々で聞いてくれます。

長女は、お気に入りの絵本の一部セリフが頭に入っているようで、自分で読める(覚えている)単語を自分で読もうとするようになりました。また、Sight WordsやCVC Wordsを覚えていくと、記憶に頼らず読めるセリフが増えています。

  • ママがずっと読み聞かせしてくれている絵本だし
  • 自分自身でも記憶を辿って一部だけでも読めるし
  • もともと簡単な単語ばかりだから、”読める”自信も付きやすく

「英語絵本読める!」という良いきっかけになるんじゃないかなって思います!

絵本の中身

では実際に絵本の中身を覗いてみましょう!

見開きいっぱいに短い1文が書かれていて、それはそれは…読み易いです!文字を指さしながらゆっくり読んであげると、子ども達は文字を追おうとします。

Piggieが作った不味~いシロップを、Piggieを傷つけたくない一心でGeraldが味見したらこうなりました。ここら辺で、私がふざけてGeraldの真似をすると、子ども達が喜びます(笑)

同じフレーズが繰り返し出てくるので、子どもは覚えやすいです。記憶を頼りに、文字の形を追って、自分で読むことができるようになります。

くろみゃー
くろみゃー

子ども達が絵本を読めるようになってくると、役を振って読み合いもできるようになります。

長男
長男

I will be Gerald!

長女
長女

I will be Piggie!

(って言うけどまだ部分的にしか読めないので適宜助けが必要。)

YouTubeを活用しよう!

Elephant&Piggieシリーズは世界的に人気絵本なだけあって、読み聞かせ動画が他の絵本に比べて充実しています。

読み聞かせ動画はこちら▶elephant and piggie – YouTube

どんな内容なのかをより詳しく知りたい人はもちろん、ネイティブの読み聞かせをお子さんに聞かせたい方にはYouTubeの活用は超おすすめです!

くろみゃー
くろみゃー

実際、我が家でもYouTubeをフル活用しています。

  • 私の読み聞かせ:絵本への興味の促し
  • ネイティブの読み聞かせ:正しい音を耳に届ける

私が読んでいるからすでに知っている絵本だし、1つの動画が短いから、興味を持って集中して動画を観てくれます。

参考までに、我が家でお世話になっているチャンネルをご紹介します。父(Gerald役)と娘(Piggie役)がキャッキャ楽しみながらストーリーを進めていく様が、他の読み聞かせ動画と比べて面白いなと感じます。ですが、残念ながら動画数はそれほど多くはありません。

▼Elephant&Piggieシリーズの中でも、我が家の子ども達に人気の絵本です

Elephant&Piggie全シリーズを一気に揃える方がコスパが良い!

「試しに1冊だけ買ってみようかな…」と思う方もいらっしゃると思いますが、Elephant&Piggieは全シリーズまとめての購入をお勧めします。

1冊ずつ購入すると1000円/冊ちょっとですが、まとめて購入すると25冊で17000円ほど(680円/冊)になります。680円というと、日本の絵本を買うより安いです。

また、Elephant&Piggieは各絵本が間接的に繋がっているので、読んでいると

長女
長女

あ!この子、違う本で出てきた子だ!

なんていう気づきがあって、1つ1つのストーリーだけでなくシリーズ全体を楽しむことができます。

また、このThe Complete Collectionを購入すると、GeraldとPiggieの可愛い本立てがおまけでついてきます。

本立て
くろみゃー
くろみゃー

正直、本立てとして使うにはキャラクターが邪魔で使い勝手が悪いんですけど(笑)子ども達にはウケが良かったです。

どんな絵本なんだろう…と悩む方はぜひ、先ほどご紹介したYouTube読み語り動画をご参照ください!

作者の遊び心

実は、各絵本の巻末にしなっと登場するキャラクターがいるんです。私はいつも、絵本を読み終わったあとこう言います。

くろみゃー
くろみゃー

Let’s find a Pigeon!

Where is the Pigeon?

ストーリーを楽しんだ子ども達の、最後のちょっとしたお楽しみです。

Mo Willemsさんが手がける別の人気絵本、ピジョンシリーズの主役ピジョン(Pigeon)が毎回どこかに隠れています。特に2~4歳児には十分楽しめる要素です。

毎回の読み聞かせのスパイスとして、取り入れてみてくださいね!

ピジョン(Pigeon)シリーズ

いたずら好きの鳩(ピジョン)のお話しです。全10冊あります。

くろみゃー
くろみゃー

同じ作者なだけあって、絵のタッチが似ていますね!

▼私が持っているのはその中の3冊です。

▼6冊セットもあります。

このピジョンシリーズの良い所は、

Don’t let [人]+動詞の原形 : [人]に○○させないで!

を肌感で学べること!と私は思っています。

これ、兄妹のいるおうちでは、上の子に対してよく使うセリフじゃないですか?

くろみゃー
くろみゃー

Don’t let [次男] go to the bedroom!

Don’t let [次男] go outside!

Don’t let [次男] open that box!

この【let [人] 動詞の原形】って、日本語には無い、英語独特の言い回しです。これを日常生活で使えるようになると、なんだか英語が上達した気分になります。

Don’t let…のように否定しなければ、兄弟の有無関係なくもっと日常生活で頻繁に使うことができます。

くろみゃー
くろみゃー

Let me brush your teeth.(歯磨きさせて)

Let me change your nappy.(オムツ替えさせて)

Let me dry your hair.(髪の毛乾かさせて)

めーっちゃ使えます!

PiggieシリーズはElephant&Piggie同様、世界的に人気の児童書でお勧めしたいのですが、文量が多く、文字を読み解く力がElephant&Piggieシリーズよりは必要です。もちろんPiggieシリーズも十分に面白い絵本ですが、”おうち英語初心者”や”リーディング初心者”にお勧めという点ではElephant&Piggieシリーズに劣ります。

さいごに

いかがでしたか?Elephant&Piggieシリーズがおうち英語をしているご家庭にお勧めしたい理由が伝わったでしょうか?

最近は電子絵本が急速に伸びてきましたが、やっぱり子どもは紙の絵本のほうに手が伸びやすいです。子どもに絵本に慣れ親しんでもらうためにも、紙の絵本はあった方がいいですよね。

どんな英語絵本を家に揃えようか、悩んでいる方はぜひMo WillemsさんのElephant&Piggieを検討してくださいね!我が家に揃えて良かったと思えたお勧め優良児童書です。

▼ご検討&ご購入はこちらからどうぞ

▼Pigeonシリーズの中から3冊厳選されたこちらの絵本も合わせてお勧めします!

3冊あれば十分、Elephant&Piggie巻末に出てくる謎のキャラクターについてお子さんが知ることができます。より絵本を楽しむきっかけになること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました