子どもの興味を発掘!英語絵本イヤイヤする子に選びたい英語絵本

おうち英語
スポンサーリンク

本記事では、英語絵本イヤイヤ期におすすめしたい英語絵本を紹介しています。

ちょっと待って!イヤイヤ言ってるのに英語絵本を渡したら、火に油じゃん!矛盾してない?

とお考えの方もいらっしゃると思います。

本記事は、以下の記事で紹介している作戦のうちの1つです。まだ読まれていない方は、ぜひこちらからご覧ください。

本記事のポイント

英語イヤイヤキッズにも喜ばれそうな絵本選びのヒントが詰まっています!

それでは早速!

英語絵本イヤイヤキッズにおすすめの絵本

絵本探しのポイントは、子どもが興味を持っている・知っているもので、なるべく簡単に読める幼児向け英語絵本を探すことです。

このポイントを抑えると、次の2つカテゴリに属する絵本から選ぶのがおすすめです。

  • おうちにある日本語絵本の英語版の絵本
  • 「Step into Reading」シリーズの絵本

日本語絵本の英語版

ちょっと、おうちにある絵本を見直してみましょう。

おうちにある日本語絵本の中で、お子さんが好きな絵本はどれですか?その中で、英語でも出版されている絵本はありませんか?

お子さんが好きな絵本の英語版だと、絵本の内容をすでに知っているので、最初から親しみをもって読むことができます。

でも同じ内容の絵本って…つまらないんじゃない?

くろみゃー
くろみゃー

子どもは反復を好むので、むしろ喜びます!

子どもは反復が好き

お子さんが図書館や保育園から同じ絵本を借りてきたり、読み聞かせの時何度も同じ絵本を読んで欲しがったりすることはありませんか?すでに「知っている」ことに子どもは安心するんです。

そもそも英語絵本がイヤな理由は、

  • 英語より日本語の方が理解できるから
  • 英語が何言ってるか分からないから

こんな理由がほとんど。英語に対して不信感や不安感が芽生えてしまったんです。

だから、英語に対して不安に感じている子でも安心感を得られるよう、イヤイヤ期にこそ内容をしっかり理解している絵本の英語版がおすすめなんです。

英語版絵本の有無は著者名を確認

おうちにある日本語絵本の中で、どの絵本に英語版があるのでしょう?1冊ずつネットで調べるのは面倒ですよね。

英語→日本語に輸入された絵本であれば、表紙の著者名を見るだけですぐ分かります!著者名がカタカナなら、間違いなく英語版があります。

一方で、残念ながら日本語→英語に輸出された絵本の場合は、絵本を見ても英語版があるかは判断できません。気になるものはネットで調べてみてください。

参考までに、我が家のキッズも大好きな、日本語版&英語版どちらもある絵本をご紹介します。

きんぎょがにげた

知っている人は多いはず。この絵本が嫌いだという子は見たことないです。

日本語版の内容は「どこににげた?こんどはどこ?」という簡単なフレーズが使われていますが、英語版も同じです。英単語は4語程度しかないし、繰り返しのフレーズだし、数回読むだけで暗記できるくらい読みやすいです!

読みやすすぎてあっという間に読み終わりますが、イヤイヤ期改善の第一手は、このくらいの気楽さが逆に良いかもしれません。

ちっちゃなおさかなちゃん

「ちっちゃなおさかなちゃん」シリーズのいずれかを持っている方も多いはず。ベルギーの作家さんが書いた「Little White Fish」が原作で、原色を使った子どもの目を引く色使いが特徴的。

「ちっちゃなおさかなちゃん」と「Little White Fish」では、文の内容がちょっと違っているのを比べるのも楽しいかも。実は日本語より英語の方が文がシンプル。嬉しいポイントです。

▼英語版は、全8シリーズあります

ぜったいにおしちゃダメ?

「ダメだよ」と言われたらやりたくなる子どもの心理をついた絵本です。雰囲気作り次第では大笑いできますよ。

うさこちゃん(ミッフィーちゃん)

うさこちゃんは昔から女の子に人気の絵本です。これまで紹介した絵本の中では英単語数が多めですが、普段から英語絵本を読み聞かせしている方であれば難なく読める文量だと思います。

うさこちゃんはシリーズは紹介できないほど多数あります。気になるストーリーがある方はご自身で探してみてください!

「Step into Reading」シリーズの絵本

こちらは、先ほどとは異なるアプローチになります。

日本語絵本の英語版を選ぶ目的は、英語に不安に感じている子に安心感を与えることでした。

一方、この「Step into Reading」シリーズを選ぶ目的は、子どもの好奇心や興味をより刺激することです。

くろみゃー
くろみゃー

どっちがいいか迷ったら、どっちも試してみればOK!

Step into Readingとは?

Step into Readingの絵本は1~5のレベル別に分かれていて、ネイティブの2歳~小学4年生を対象にしています。

この絵本の何が嬉しいポイントかというと、ディズニーやトーマス、パウ・パトロール、マリオなどの有名な映画やアニメのストーリーが揃っているところ。そして、子どもの英語レベルにあった絵本を選べるところ!

くろみゃー
くろみゃー

子どもの興味に合ったものが見つかるのであれば、Step into Readingはかなりおすすめです!

価格は1冊500円~1000円程度と、英語絵本にしては安価なのがこれまた嬉しい…♡

「Step into Reading」シリーズの絵本は多数あり、紹介しだすと長くなるので、下の記事にまとめました。

  • 1~5各レベル別の難易度は?
  • ディズニー、トーマス、パウ・パトロール、マリオ、その他など「Step into Reading」シリーズの絵本紹介

こんな内容をお話ししています!子どもの興味を探すのにお役立てください。

絵本を渡す前後にDVD鑑賞を取り入れると効果的

子どもがStep into Readingを読みたがるようになるポイントは、YoutubeやDVDなどを併用して、子どもの興味を最大化させることです。

子どもの「興味」って、100%子ども自身が作るものではなく、親が与えるもの次第で「興味」の度合いは変わると思っています。

だから、例えば、プリンセスの絵本をプレゼントする場合は、絵本を渡す前後どこかでプリンセスの映画を観せと効果的です。一時的にプリンセス熱を高められます。

ただでさえハマっているプリンセス、その熱がさらに高まるので、絵本に対して意欲的になりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました